白井田七の価格比較 最安値で購入できるのは公式サイト! アマゾン・楽天・メルカリなどと徹底比較!

『白井田七』は原材料の田七人参由来サポニンが血圧低下作用をもたらしてくれるサプリメントです。
また、田七人参は古くから漢方薬に利用されており、その栄養素の豊富さから健康対策にはバッチリなサプリメントと言えるでしょう。

そんな素晴らしい『白井田七』を試してみたい方は多いと思います。
ただ、購入してみるとしたら一番安くてお得な方法で手に入れたいですよね。

そこで今回は、どこで購入をするのが一番お得なのかを調査していきます!
公式サイトはもちろん、Amazonや楽天市場などの通販サイトでの相場も確認していきましょう!

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事:白井田七の口コミと効果

『白井田七』は市販で購入できる?

そもそも『白井田七』はドラッグストアに置いているのでしょうか?
市販で購入できたら、他の買い物のついでに購入できますし楽ですよね!

まずは各ドラッグストアのサイトで商品検索をしてみましょう。

『白井田七』は薬局・ドラッグストアに売ってる?価格は?

では、全国チェーン展開している以下のドラッグストアのWebサイトをチェックしてみます。

・サンドラッグ
・マツモトキヨシ
・ウェルシア
・ディスカウントドラッグコスモス
・ココカラファイン

どこも全国展開しているドラッグストアなので、きっとあなたの自宅の近くにもありますよね!

ドラッグストア①サンドラッグ

日本全国で1,147店舗を展開していますが、サンドラッグでは取り扱いがありませんでした。

ドラッグストア②マツモトキヨシ

日本全国で722店舗を展開しているマツモトキヨシでも、取り扱いはありませんでした。

ドラッグストア③ウェルシア

日本全国で1,737店舗を展開している業界最大手のウェルシアでも、取り扱いがありませんでした。

ドラッグストア④ディスカウントドラッグコスモス

日本全国で993店舗を展開しているディスカウントドラッグコスモスでも、取り扱いはありませんでした。

ドラッグストア⑤ココカラファイン

日本全国で1,300店舗以上を展開しているココカラファインでも、取り扱いはありませんでした。

『白井田七』は市販では購入不可能? 実店舗でも確認をしてみました

『白井田七』が本当に実店舗に置いていないのか調べるため、自宅近くのドラッグストアでも確認をしてみました。

・ウェルシア
店舗での取り扱いがありませんでした。

・マツモトキヨシ
こちらでもやはり取り扱いはありませんでした。

・サンドラッグ
他の店舗と同じように取り扱いはありませんでした。

ドラッグストアのオンラインショップや実店舗でも『白井田七』の取り扱いはしていないようですね。
今回の調査では、市販されていないことが確認できました。

 

『白井田七』はアマゾン・楽天・メルカリ・ヤフーショッピングなどのネット通販でも買える?

『白井田七』は市販されていませんでしたので、購入するとしたら他のネット通販を探してみる必要もあるでしょう。

・Amazon
・楽天市場
・yahoo!ショッピング
・メルカリ

これらのネット通販大手でも確認をしてみました!

Amazonの場合

まず、Amazonでの価格を見てみましょう!
Amazonでは『白井田七』の3タイプの商品をいずれも取り扱っていました。

Amazonでの『白井田七』錠剤タイプの値段は5,490円でした。

また『白井田七』お茶タイプは3,100円となっていました。

『白井田七』甕については7,290円でした。

いずれの商品もAmazonの会員ですと送料無料になるようです。
定期購入便で購入すると5%オフになり、定期で配達も行ってくれます。

ただ、公式販売サイトではないので在庫が不安定なことが予想されます。
調査した段階では在庫はありそうでしたが、他商品で在庫が少なくなっている場合が見受けられたからです。

 

楽天市場の場合

次に、楽天市場での価格を確認してみます。
楽天市場でも『白井田七』の3タイプをいずれも取り扱っていました。

『白井田七』錠剤タイプは5,490円でした。

『白井田七』お茶タイプは3,218円となっていました。

『白井田七』甕は7,290円でした。

いずれの商品も送料は無料です。
商品の種類やタイミングによっては楽天のポイントがボーナスとしてつきます。
しかし、定期購入便といったサービスはありませんので、定期的に購入するためには毎月自分で手続きをする必要があるようです。

 

Yahoo!ショッピングの場合

続いてYahoo!ショッピングでも確認をしてみました。
こちらでも『白井田七』の3つのタイプを取り扱っているようです。

『白井田七』錠剤タイプは5,980円でした。

『白井田七』お茶タイプは3,218円となっていました。

『白井田七』甕については7,290円でした。

いずれのタイプも送料は無料です。
Yahoo!ショッピングのポイントが溜まります。

ただ、こちらも定期購入サービスがないので、継続利用するとしたら毎月自分で手続きをしないといけません。

 

メルカリの場合

今の時代、個人通販サイトのメルカリもチェックしておく必要がありますよね。
タイミングにもよると思いますが、調査をした段階では『白井田七』の3つのタイプのいずれも販売されていました。(2019年7月20日現在)

『白井田七』錠剤タイプは4,200円で販売されていました。

 

『白井田七』お茶タイプは2パックセットで5,000円でした。
1パックですと2,500円ということになりますね!

『白井田七』甕は4,000円となっていました。

ただ、メルカリは個人で取り扱っている方が多いです。
メリットとしては出品者に価格交渉をすることが可能ですが、毎日口に入れる商品を、お店ではなく個人から買うのはなんとなく怖いですよね。

販売価格も様々ですし、開封済みの商品が売られている様子も見られました。
安心して『白井田七』を買いたいのであれば、メルカリは避けた方がいいでしょう!

 

『白井田七』の購入特典・価格比較表!

ドラッグストアでは取り扱っていない『白井田七』でしたが、通信販売サイトでは売っていましたね!
ただ、サイトによって値段は様々でした。

果たしてどこで買うのが一番お得なのでしょうか?

『白井田七』の公式販売サイトである、和漢の森での販売価格も確認しておきましょう!

『白井田七』錠剤タイプは、なんと初回価格3,980円で購入できます!

『白井田七』お茶タイプは初回価格1,980円という安さです!

『白井田七』甕についても、初回価格3,980円となっていました!

いずれの商品も初回割引がとても大きいですね!
また2回目以降の購入でも、定期コースの利用で15%〜20%割引で購入することができます。
そして定期コースを利用すると継続利用しやすく特典もあるのです。

公式サイトでの購入が一番お得なように感じますよね!

では、実際にはどうなのか各販売サイトの値段と比較してみましょう!!
公式サイトでの表示は税抜き価格ですので、比較表は税率8%で計算をして表記します!

 

『白井田七』錠剤タイプの価格比較表

販売元 最安値 特典 デメリット
公式 4,298円

(初回限定)

・初回限定割引

・定期コースで2回目以降も20%割引

・その他特典あり

なし
Amazon 5,490円 ・会員なら送料無料

・定期便購入で5%割引

・公式販売サイトではないので在庫が不安定な可能性あり
楽天市場 5,490円 ・楽天ポイントを貯められる ・定期購入サービスがないので、毎月自分で手続きをする必要がある
Yahoo!ショッピング 5,980円 ・ポイントが貯められる ・定期購入サービスがないので、毎月自分で手続きをする必要がある
メルカリ 4,200円 ・価格交渉ができる ・個人出品なので価格が不安定

・在庫も不安定

・開封済みの場合もある

『白井田七』錠剤タイプを安く購入できるのは、公式サイトからの購入で4,298円でした。
他のどのサイトと比べても安いですね!

ただ、メルカリでの出品に4,200円の商品がありましたね。
安く感じますが、個人販売ですので売り切れになっている場合や、開封済みの商品が売っているのも見受けられました。

公式サイトであれば在庫も安定していますし、品質にも心配がありません。
98円という価格差であれば、『白井田七』錠剤タイプの購入は公式サイト一択ですね!!

『白井田七』お茶タイプの価格比較表

販売元 最安値 特典 デメリット
公式 2,138円

(初回限定)

・初回限定割引

・定期コースで2回目以降も15%割引

・その他特典あり

・なし
Amazon 3,100円 ・会員なら送料無料

・定期便購入で5%割引

・公式販売サイトではないので在庫が不安定な可能性あり
楽天市場 3,218円 ・楽天ポイントを貯められる ・定期購入サービスがないので、毎月自分で手続きをする必要がある
Yahoo!ショッピング 3,218円 ・ポイントが貯められる ・定期購入サービスがないので、毎月自分で手続きをする必要がある
メルカリ 2,500円 ・価格交渉ができる ・個人出品なので価格が不安定

・在庫も不安定

・開封済みの場合もある

続いて『白井田七』お茶タイプですが、こちらもやはり公式サイトでの購入が圧倒的に安いですね!
公式サイトの価格努力には脱帽です!

『白井田七』甕の価格比較表

販売元 最安値 特典 デメリット
公式 4,298円

(初回限定)

・初回限定割引

・定期コースで2回目以降も20%割引

・その他特典あり

なし
Amazon 7,290円 ・会員なら送料無料

・定期便購入で5%割引

・公式販売サイトではないので在庫が不安定な可能性あり
楽天市場 7,290円 ・楽天ポイントを貯められる ・定期購入サービスがないので、毎月自分で手続きをする必要がある
Yahoo!ショッピング 7,290円 ・ポイントが貯められる ・定期購入サービスがないので、毎月自分で手続きをする必要がある
メルカリ 4,000円 ・価格交渉ができる ・個人出品なので価格が不安定

・在庫も不安定

・開封済みの場合もある

 

『白井田七』甕の値段も見てみましょう。
他の通信販売サイトと比べて、公式サイトは約半分の値段で購入できるようです!
これにはびっくりですね!

メルカリで4,000円と公式サイトの販売価格より安い出品がありました。
しかし錠剤タイプと同様に、メルカリは個人出品なので1つ買ったら在庫がなくなってしまいますし、その後同じ値段で出品する人も少ないです。

やはり安心・安定して購入するのであれば、公式サイトからの購入になりますね!!

『白井田七』を買うなら、公式サイトが最安値!

ここまでの調査でデメリットがなく、なおかつ最安値で購入できるのは公式サイトだということがわかりました。
公式サイトでの購入で『白井田七』錠剤タイプは4,298円、お茶タイプは2,138円、甕は4,298円というお手軽価格でしたね。

これらは初回購入特別価格ではありますが、2回目以降の購入も定期購入で20%割引になりますのでお得に継続ができます。
定価の20%割引価格では、他の通信販売サイトも購入の候補に挙がってきそうですが、在庫が安定していなかったり、商品の安全性に心配があったりしますので、やはり公式サイトからの購入継続が一番良さそうでした。

公式サイトからの購入には初回特別割引以外にも特典がありますのでチェックしてみましょう!

『白井田七』を公式サイトから購入すると得られる特典について

公式サイトでは細胞の生まれ変わり期間を踏まえて、まずは最低でも3ヶ月は飲み続けて欲しいというアナウンスがされています。
そのため、利用継続しやすいように定期購入には特典が用意されているのです。

定期コースでは6つのメリットがありますので、1つ1つ確認をしてみます。

特典①購入継続しやすいように最大20%割引!!
定期コースの商品は15%から20%の割引が設定されています。
『白井田七』錠剤タイプと甕は20%割引、お茶タイプは15%割引が設定されていました!

特典②代引き手数料315円が無料!
定期コースを利用することで、商品を受け取る際にお金を払う購入方法の代引きにかかる手数料が無料になります!

特典③注文する手間がいらない!
定期コースは30日毎に商品を届けてくれます。
例えば4月1日に商品を買ったとしたら、次は5月1日に自動的に商品を送ってくれるのです。
納品書に次回のお届け日が書かれていますので、次回の日にちも忘れずにいられます。

特典④足りなくなったらすぐに届けてもらえる!
無くしてしまったり、間違えて飲みすぎてしまったりして予定よりも早めに商品がなくなってしまうことってありますよね。
そんな時は公式サイトに連絡をすることで、特別価格で商品をすぐに発送してもらえます!

特典⑤いつでも休みや配送日の変更ができる!
商品が足りなくなってしまったり、飲み忘れてしまって余ってしまうこともありますよね。
そういった時は、配送日を少し後ろにずらしたり、場合によっては1回お休みしたりということもできます!
お届け予定日の10日前までに連絡をすることが必要です。

特典⑥支払いの方法を自由に選べる
「クレジットカード払い」もしくは「代引き払い」の2つの方法から支払い方法を選ぶことができます。
クレジットカードを持っていなくても安心して購入できますね。
また、普通は代引き支払いの場合手数料が取られてしまうものですが、特典②で代引き手数料が無料ですので、この点も嬉しいです!

 

『白井田七』購入時の支払い方法について

では次に、公式サイトで購入する際の支払い方法について詳しく確認しておきましょう。

○宅急便でお届けの場合
商品の代金は代引き、もしくはクレジットカード決済が可能です。
(注文した後に、公式サイトより確認のためのメールか電話連絡があります)

○メール便でお届けの場合
商品の代金はクレジットカード決済、コンビニ支払い、郵便振込から選んで支払いができます。
都合に合わせて選ぶようにしましょう。
(こちらの場合も間違いが無いように、注文後に公式サイトより確認の連絡があります)

○クレジットカード決済について
クレジットカード決済で利用できるカード会社の種類を確認しておきましょう。
「VISA」「JCB」「アメリカン・エクスプレス」「マスターカード」「ダイナースクラブ」の5大ブランドのカードが利用できます。
支払い手数料は無料です。

○代引き引き換えについて
全国で一律300円(税抜き)の手数料がかかります。
ただし、先述したように定期お届けコースの利用で代引き手数料が無料になるので安心してください。
商品は注文してから1週間前後で届きます。

○コンビニ払いと郵便振込について
振込手数料はなんと無料です。
メール便の商品でも手数料を気にせずに購入することができますね。
注文した商品と一緒に払込用紙が届きますので、到着して10日以内に近くのコンビニ、郵便局で支払いましょう。

『白井田七』を公式サイトで最安値で購入する方法を画像つきでご紹介!!

続いて、公式サイトからの購入方法について、画像つきでご紹介していきます!
『白井田七』錠剤タイプを例に説明します。

①まずは公式サイトにアクセスしてください。「白井田七。商品カタログ」というページがあります。

②下の方にスクロールすると『白井田七』錠剤タイプのページへのリンクがありますのでクリックしてください。

すると白井田七の商品ページへ飛びます。

③下にスクロールすると、公式販売サイトである「和漢の森」へのリンクがありますのでクリックしてください。

すると、和漢の森の『白井田七』錠剤タイプのページに飛びます。

④下にスクロールをすると「初回限定でお得に始める」という文字がありますので、こちらをクリックしてください。

するとご注文手続き画面へと移ります。

今までに購入歴があるとログインすることで簡単に購入できます。
また、Amazonのアカウントを使っても購入できるようです。
初めての方は情報入力をしましょう。氏名や電話番号、住所などを入力してください。

支払い方法については、こちらで選んでください。

⑦個人情報取得に関する同意書をよく読んで、同意ができれば「同意して次へ」をクリックしてください。

すると注文内容の確認画面に移りますので、間違いの無いように確認をしてください。

⑧確認ができたら「この内容で注文する」を押せば注文完了です!!

『白井田七』の価格を他のサプリメントと徹底比較をしてみました!

今回どこで購入するのが一番お得なのか調べてきましたが、公式サイトからの購入が一番お得で安心ができることが確認できました。

『白井田七』は田七人参由来のサポニンが血圧低下に効果を発揮してくれるサプリメントです。
こういった血圧低下作用のあるサプリメントは他にも見たことがありますよね。

そこで「白井田七以外のサプリメントを買った方がお得な可能性もあるのでは?」と思った方もいるでしょう。

次に『白井田七』と他の血圧低下サプリメントでの価格や効果比較をしてみます!
果たしてどのサプリメントがお得で効果的なのでしょうか?

『白井田七』錠剤タイプと他の血圧低下サプリメントとの比較!

まず比較するのは『白井田七』錠剤タイプと以下の2つです。

・エーザイ 血圧サプリ『ヘルケア』
・カルピス 『ラクトウェル』

そして比較した表が、以下になります。

商品
商品名 白井田七 ヘルケア ラクトウェル
効果 ・血圧低下

・健康増資

・血圧低下 血圧低下
有効成分 田七人参由来サポニン サーデンペプチド ラクトトリペプチド
1ヶ月分の最安値 4,298円

(初回限定)

6,000円 4,560円
安さ ×

『白井田七』と同じように血圧低下作用がある商品と比較してみました。
大きな違いは、有効成分が異なることです。

では、コストパフォーマンスはどうでしょうか?
詳しく見てみましょう!

『白井田七』錠剤タイプVS『ヘルケア』

まず、エーザイ株式会社が発売している血圧サプリメントの『ヘルケア』と比較してみます。

『ヘルケア』はサーデンペプチドという成分が血圧低下に作用します。
この効果以外は特に謳われていませんでした。

『ヘルケア』は粒タイプですので、飲みやすさという点では『白井田七』と互角と言えます。

値段は1ヶ月分で6,000円です。
つまり、コストパフォーマンスは4,298円で購入できる『白井田七』の方が高いということになります。

また『白井田七』は血圧低下以外にも、様々な健康効果があります。
この点でも血圧低下作用のみの『ヘルケア』より『白井田七』の方が使い勝手が良いサプリメントだと言えるでしょう!

『白井田七』錠剤タイプVS『ラクトウェル』

次にカルピス株式会社が販売をしている『ラクトウェル』と比較してみます。

こちらの商品も粒タイプであり、飲みやすさという点では『白井田七』と互角です。

値段は1ヶ月分で4,560円です。
つまりこの勝負も『白井田七』の方がコストパフォーマンスが良いということです!

また『ラクトウェル』の有効成分ラクトトリペプチドは血圧低下に有効ですが、他の効果は明記されていませんでした。
ですので、血圧低下をもたらすサポニン以外にも健康成分がたっぷり入っている『白井田七』の方が『ラクトウェル』よりも優れていると言えるでしょう!

 

『白井田七』錠剤タイプと他の漢方人参サプリメントとの比較!

血圧低下目的のサプリメントでは『白井田七』が一番コストパフォーマンスがよく、健康増進効果もありお勧めできるという結果になりましたね!

続いて、『白井田七』錠剤タイプと他の漢方人参サプリメントとの比較をしていきます!
果たしてコストパフォーマンスと健康効果が一番優れているのは、どのサプリメントなのでしょうか?

『白井田七』錠剤タイプと比較をするのは以下の3つの商品です。

・株式会社高麗人参ウェルネス『高麗紅参精タブレットGOLD』
・フロムココロ『高麗のめぐみ』
・日本サプリメントフーズ『エディタルEX』

比較した表が以下になります。

商品
商品名 白井田七 高麗紅参精タブレットGOLD 高麗のめぐみ エディタルEX
効果 ・血圧低下

・健康増進

・血圧低下

・健康増進

・健康増進 ・性活力の増強
有効成分 田七人参由来サポニン 高麗人参由来サポニン 高麗人参 高級高麗人参
1ヶ月分の最安値 4,298円

(初回限定)

7,196円 4,260 13,010円
安さ ×

『白井田七』は田七人参が原材料でしたが、他のサプリメントは高麗人参が主な原材料となっています。

効果や飲みやすさなどを踏まえて、コストパフォーマンスはどうでしょうか?
詳しくみていきましょう!

『白井田七』錠剤タイプVS『高麗紅参精タブレットGOLD』

では、まず株式会社高麗人参ウェルネスが販売している『高麗紅参精タブレットGOLD』と比較してみます。

こちらの商品は高麗人参由来のサポニンが主な有効成分となっています。
ですので血圧低下効果については『白井田七』と同じになるでしょう。

しかし、サポニンがどの程度含まれているのかは不明でした。

タブレットタイプですので飲みやすさという点では『白井田七』と同様です。

価格は1ヶ月分で7,196円となっています。
ということは4,298円で購入できる『白井田七』の方がコストパフォーマンスがいいでよね!

同じ有効成分であるサポニンで血圧低下や健康増進を目指すのであれば『白井田七』を購入した方がよさそうです!!

 

 

『白井田七』錠剤タイプVS『高麗のめぐみ』

続いて、フロムココロが販売している『高麗のめぐみ』と比較してみましょう。

主な原材料は高麗人参ですが、有効成分については明記されていませんでした。
効果としては、高麗人参による一般的な健康増進になります。
ですので健康増進と血圧低下効果のある『白井田七』の方が効果が高いと言えるでしょう。

粒タイプなので、飲みやすさについては同じです。

また価格は1ヶ月分で4,260円でした。
この点は1ヶ月4,298円の『白井田七』と38円差であり互角と言えますね。

総合的にみると、飲みやすさと価格はほぼ同じですが、効果の点で『白井田七』の勝利です!!

 

 

『白井田七』錠剤タイプVS『エディタルEX』

次に、日本サプリメントフーズが販売している『エディタルEX』と比較してみます。

こちらの商品はただの高麗人参が原材料ではなく、最上位品種の「百歳山参」と呼ばれる高麗人参が使用されています。
効果としては中高年向けの精力増強材的なものです。
効果については『白井田七』とは全く違いますね。

粒タイプなので飲みやすさという点では同じと言えるでしょう。

気になる価格は1ヶ月分で、なんと13,010円と高級価格です。
そのため購入のしやすさは『白井田七』の圧勝ですね!

狙っている効果が違いますので単純な比較は難しいですが、高血圧や健康に不安のある方には『白井田七』の方がお勧めと言えるでしょう!

総合的にみると、『白井田七』錠剤タイプは他の漢方人参サプリメントと比べて、コストパフォーマンスが優れていますね!

 

 

『白井田七』お茶タイプと他のお茶タイプサプリメントとの比較もしてみました!

『白井田七』には錠剤タイプ以外にもお茶タイプと発酵ドリンクタイプがあります。
発酵ドリンクタイプの『白井田七』甕は錠剤タイプと値段が同じなので、先ほどまでの比較で他のサプリメントよりも安いことはおわかりいただけたと思います。

しかし、『白井田七』お茶タイプは1ヶ月分の値段が2,138円と錠剤タイプ、発酵ドリンクタイプよりもリーズナブルです。
またお茶タイプなので飲みやすさ、継続しやすさという点も優れているでしょう。

そこで、他のお茶タイプサプリメントと『白井田七』お茶タイプについても比較してみました!

比較するのは以下の3つの商品です。

・コカコーラ 『からだ巡茶』
・一和 『高麗人参茶』
・抱川人参営農組合 『高麗紅参茶』

これらを比較した表が以下になります。

商品
商品名 白井田七 からだ巡茶 高麗人参茶 高麗紅参茶
効果 ・血圧低下

・健康増進

・からだの巡りを良くする ・健康増進 ・健康増進
有効成分 田七人参由来サポニン 烏龍茶、緑茶、高麗人参等 高麗人参 高麗人参
1ヶ月分の最安値 2,138円

(初回限定)

2,463円 4,548円 4,296円
安さ × ×

どちらの商品も、原材料に高麗人参が使われているお茶タイプのサプリメントになります。
高麗人参は元々漢方に使われているものですので、外国の商品が数多くラインナップされていました。

そのため今回の比較ではAmazonで購入できる韓国の商品を入れました。
価格や成分について詳しくみていきましょう!!

『白井田七』お茶タイプVS『からだ巡茶』

まず、コカコーラ社が販売している『からだ巡茶』と比較していきます。

この商品は結構見たことがある方も多いのではないでしょうか。
コンビニや自動販売機でも販売されている商品です。

『からだ巡茶』の主な原材料は烏龍茶や緑茶などのお茶ですが、その中に高麗人参も含まれているので今回の比較に入れました。
効果としては、からだの巡りを良くしてくれる効果があります。

ただ、コンビニ等で市販されているドリンクですので、サプリメントほどの効果があるとは考えにくいですよね。
また、どの程度高麗人参が含まれているのかも明記されていませんでした。

1ヶ月分の価格は安いティーバックタイプのものでも2,463円でした。
『白井田七』お茶タイプの値段は2,138円ですので、そこまで大きくは変わりませんが試してみるのであれば『白井田七』の方が安くて良いですよね!

効果と価格の両面で『白井田七』の勝ちでしょう!!

『白井田七』お茶タイプVS『高麗人参茶』

次に韓国の高麗人参の総輸出量の半分を担っている、一和という韓国の会社が販売している『高麗人参茶』と比較します。

高麗人参の濃縮液が使われており、サポニン等の成分は一回飲むことで30mg摂取できます。
対する『白井田七』お茶タイプは一回の摂取でサポニンが1.9mgです。
この点では『高麗人参茶』がリードしていますね。

価格面を見てみると『高麗人参茶』はAmazonでは1ヶ月分で4,548円となっています。
『白井田七』お茶タイプは2,138円ですのでこちらの勝負は『白井田七』の勝ちでしょう。

気軽に試してみたいのであれば、リーズナブルな『白井田七』お茶タイプをお勧めします。
サポニンの摂取を重視するのであれば『高麗人参茶』ですが、この価格ですと『白井田七』錠剤タイプと変わりません。

ですので、サポニン効果を期待するのであれば、1回の摂取でサポニンを95mg摂取できる『白井田七』錠剤タイプの購入検討することをお勧めします!!

『白井田七』お茶タイプVS『高麗紅参茶』

最後に抱川人参営農組合という韓国の会社が販売している 『高麗紅参茶』と比較しましょう。

こちらの商品も原材料は高麗人参です。
サポニンの含有量は一回の摂取量で20mgほどとなっています。

価格はAmazonでの購入で4,296円です。

つまり、こちらの商品も先ほどの商品と同様ですね。
リーズナブルに購入して試すのであれば『白井田七』お茶タイプの購入をお勧めします。

サポニンの効果を期待するのであれば、『白井田七』錠剤タイプを購入するのが良いでしょう!
日本の会社で作られている商品の方が安心して口に入れることができますよね!

サプリメント購入は日本のブランドが安心!

さて、今回は様々な種類のサプリメントと『白井田七』とを比べてきました。

今回の調査をする中で感じたことは、購入する販売サイトにしても、商品の販売企業にしても安心できるところで購入するのが良いということでした。

『白井田七』は一般のドラッグストアでは販売していなかったので、購入するとしたらネット通販になります。
その時にAmazonや楽天市場などの大手販売サイトが購入先の候補に挙がると思いますが、『白井田七』には公式販売サイトがありましたので、安心・安全・お得に購入するのであれば公式サイトが一番でしたね。

また、似たような種類のサプリメント購入も検討しましたが、やはり日本国内で安全に加工されている『白井田七』が安心して購入できると感じました。

『白井田七』を製造販売している株式会社アドバンスは長野県佐久市に本社があります。
こういった会社の所在もしっかりわかるところが安心できる材料になりますよね。

『白井田七』の購入は公式サイトからの購入が一番お得でした!!

今回の調査内容をまとめていきましょう!

まず『白井田七』が一般のドラッグストアで購入できるのか調べてみたところ、一般のドラッグストアでは取り扱っていませんでした。
そのため、次はネット通販で購入が可能か調べてみました。
すると、『白井田七』のどの種類でもAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、メルカリで販売されていることが確認できました。

しかし、値段やメリット、デメリットを比べてみると、公式サイトからの購入が圧倒的にお得でしたね!
公式サイトは初回特別価格がとても安いですし、定期コースで購入すると2回目以降も20%割引で購入ができました。
また、定期コースでは6つの購入特典がありましたので、その点からも他の通信販売サイトで購入するよりもメリットが大きいでしょう。

また『白井田七』と他のサプリメントでも購入比較をしました。
まず『白井田七』錠剤タイプと他の血圧低下サプリメントと比較をしたところ、価格面で『白井田七』の方が優れていました。

次に『白井田七』錠剤タイプと他の漢方人参を原材料にしたサプリメントとの比較では、価格は『白井田七』の方が安かったですし、効果の面でも血圧低下や健康増進を目的とするのであれば『白井田七』が一番効果的でした!

最後に『白井田七』お茶タイプとその他のお茶タイプの商品とを比較しました。
結果としては、いずれの商品に対しても価格面で『白井田七』お茶タイプが優れていましたね。

血圧低下作用のあるサポニンについては『白井田七』お茶タイプよりも多く含まれているサプリメントもありましたが、効果を重視するのであれば『白井田七』錠剤タイプを購入すればいいこともわかりました。

つまり、リーズナブルに『白井田七』を試してみるのであればお茶タイプを、効果を重視するのであれば錠剤タイプを公式サイトから購入するのが、一番お得ということです!
気になった方は、ぜひ以下のボタンの公式サイトから購入をして試してみてくださいね!

更新日:

Copyright© 【白井田七の口コミと効果】最安値で購入する方法!和漢の森の血圧を下げるサプリについて徹底解説! , 2019 AllRights Reserved.